健診センターにも看護師の仕事が存在しますが、これらは現状として他の看護の仕事よりも精神的ストレスが少ないということがあります。

病棟で毎日同じ人と接する看護師とは違い、毎日不特定多数の人に健康診断の業務を行うこととなりますから、診断を受ける人との人間関係はドライであり、後を引くことがなく、人間関係でトラブルになることが少ないと言えるでしょう。

しかしながら、看護アセスメントについては短時間で行わなければなりませんので、要領よく仕事を進めていく必要があります。健診センターの看護師は、それなりに経験がある方が働いていることが多く、経験豊富な看護師でなければ採用していないというケースも少なくありません。

健診センターは、仕事の多くが午前中あるいは午後に集中していますので、日勤で終わることが多く、宿直や当直などの勤務がありません。毎日定時で帰ることが出来るというのも、これらの仕事の現状です。休みも日祝日暦通りに取ることができたり、年末年始にしっかりと休めますから、世間と同じタイミングで休暇を取ることができるのも健診センターならではの話です。

働いている人の雇用形態も幅広いのがこの仕事の特徴であり、パート勤務の看護師からフルタイムの勤務まで色々な雇用形態の人がいます。健診センターの看護師は、健康診断の業務をスムーズにすすめるためにやらなければならないことはありますが、比較的休みが取りやすく労働時間も短いのが特徴です。